林先生の初耳学!SNS, 孤独について,まとめました。

友だち。

何人ぐらいいますか?

 

今回はこちら。

 

「友達や知人は多いからといって幸せというわけではない」

と林修先生が提言されました。

この件について

書いていきます。

スポンサードリンク

 

29日に放送された「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)

気軽に繋がることは大事な事なのか。

 

「友達や知人は多いからといって幸せというわけではない」

ネット上で話題となっています。

林先生は、今はネットの普及によって、

SNSなどで簡単に他人と繋がることができる時代になった一方、

個人的な時間を奪われ、集中できないことが増えていると説明しました。

 

終わりのない会話だったり

スピードが早すぎて

乗り遅れてしまう恐れがあったり

自分の時間は奪われがちですね。

 

「愛せない場合は、通りすぎよ」

あまり親密ではない友人との関係に対して、

ドイツの哲学者・ニーチェが「愛せない場合は、通りすぎよ」

という言葉を残していると紹介。

それに対してSexy Zoneの中島健人さんが

「通りすぎることで、いつの間にか孤独になって寂しくなったりしません?」

と問うと、林先生は「孤独って寂しいんですか?」と逆質問し

ゲストらは「うーん…」とうなっていました。

 

昔から人間関係で悩まされることってあったんですね。

 

本を読む。孤独と向き合う。

また、林は自身の経験から孤独が寂しいと感じる人は

「あんまり本を読まない」傾向にあると説明した上で

「考えるという作業は絶対に一人じゃなきゃできない」と強調しました。

これにネット上では、「すごくわかる」

「孤独は悪い事みたいな風潮変わってほしい」

と賛成意見が上がる一方で、

「友達の数は結婚式で大事になる」

「繋がり持っとけばピンチの時助けになってくれる保険」

という意見もありました。

 

まとめ

本当に大事な人とあまり親しくない人を

同じ目線で見ずに

困っている人を見つけた時は

友だちだからとか

友だちではないからとかで

区切らず

ケチらず

自分の出来る範囲で出来ることをする。

そうありたいなと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

林修の仕事原論 (青春新書インテリジェンス)


林 修の仕事がうまくいく「話し方」講座

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!