汗がイヤ。でも、大事らしい。役割とは?アトピーにもいい

夏の汗。

(;^_^A

イヤですよね。

滝のように出てくるんですもの。

そんな汗について

調べてみました。

スポンサードリンク

汗は「体の温度を下げる」だけではない。

 

汗は「体の温度を下げる」だけでなく

肌の「保湿作用」「免疫機能UP」の効果も。

まず1つ目に「体温調節」の機能があります。

例えば真夏の暑い日に家の軒先に打ち水をしたり

霧状の水を浴びると涼しくなったり

といった体験をされたことがあると思います。

水が蒸発するときに生じる気化熱は、

地面から熱を奪い、温度を下げます。

汗にも同じような効果があり、

体温の上昇に伴い汗をかくことで生じる気化熱を利用して

皮膚を冷やし、体温の調節をしています。

通常、健康な人であれば環境と体温上昇に応じて、

暑い日にはその分たくさん汗をかいて体温調節をしているのです。

 

確かにちょっと日陰に入ったりして

時間が経つとクシャミが出て、

「寒。」

ってなるときありますね。

2つ目に、汗には「保湿」作用があります。

人間のほぼ全身の表面に分布している

エクリン汗腺から作られる弱酸性の透明な体液である汗には、

主な成分としてナトリウム、カリウムなどの電解質、

尿素、ピルビン酸、乳酸、抗菌ペプチド、

タンパク分解酵素、タンパク分解酵素を

阻害する物質などが含まれています。

とりわけ豊富に含まれている乳酸ナトリウム、尿素は

水との親和性が高く、天然保湿因子として

皮膚の潤いを維持する作用に貢献しているのです。

皮膚の保湿にはこういった汗の成分が大きく貢献しており、

汗をかけない人は乾燥肌になっていきます。

そのほか、病原体から体を守ったり、

皮膚を潤したりすることで健康な皮膚の状態を

保つ作用があります。

汗をかかないとどうなるか

体温と皮膚温は上昇し、

皮膚は乾燥、さらに病原体への抵抗性が弱まる

体温調節に必要な発汗量が得られないと

体内に熱がこもり、うつ熱状態になります。

うつ熱になると体温調節が難しくなるので、

 

熱中症になるリスクが高まります。

 

熱中症の増加は社会問題となっていますが、

この背景には発汗低下も関わっていると考えられます。

 

アトピーの方は要注意です。

成人のアトピー性皮膚炎の方は、

アトピー性皮膚炎のない人と比較して、

発汗量は少なく、

汗が出てくるまでに要する時間が

長いことがわかっています。

アトピー性皮膚炎の方は、

汗は少しずつ時間をかけて

ゆっくり排泄されているようです。

発汗量が減ると、皮膚温は上昇し、

乾燥し、病原体への抵抗性が弱まるので

アトピー性皮膚炎にさらに悪影響を及ぼすと考えられます。

汗をかけるアトピー性皮膚炎の方には、

汗をかいた後は汗が皮膚表面に長時間残らないよう

洗い流す、おしぼりで吸い取るなどの

対策をするよう勧めています。

ただし、症状をよい状態で維持しても、

汗をかいて急に悪化するという方も少なくありません。

治療はあせらず、うまく付き合いながら、

症状をコントロールすることを目標において頑張ってください。

 

まとめ

汗は敵だと思っていましたが、

とても大事でした。

汗をかいて、病原体に負けない体を作らねば!

ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ムーニーマン 汗スッキリ パンツ L(9~14kg) 84枚 (42枚×2) 【ケース品】


【まとめ買い】メンズ リフ あせワキパット あせジミ防止・防臭シート ホワイト 20枚 ×3個


リフ あせワキパット あせジミ防止・防臭シート お徳用 ホワイト 40枚 (おまけ付き)


汗トールサラッピー(1箱30枚入)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!