獺祭、島耕作が救う。30000のお酒が…?

先日の豪雨。

山口県にある旭酒造も、豪雨の影響で前を流れる川が溢れ、

酒造1階が70cmほど浸水した。

さらに送電線の破断で3日間の停電が発生。

停電によって発酵タンク150本、

四合瓶にして70万本ぶんの日本酒が温度コントロール不能となり、

通常の「獺祭」として出荷することができなくなった。

スポンサードリンク

そこで、人気漫画家の弘兼憲史氏が岩国市の出身で、

旭酒造との交流が深かったことで実現した。

島耕作ラベルで販売出来ないかと、

弘兼憲史氏が話をもちかけたそう。

テイスティングをしても、全く問題がないレベルであったものの、

「獺祭」としての販売は出来ないとのこと。

30000円が1200円かも

「獺祭 島耕作」は

「純米大吟醸50」

「磨き三割九分」

「磨き二割三分」

として出荷するはずだったお酒が使われており、

どれが入っているかは分からない。

そしてなんと最高級ランクの「磨き その先へ」も

約3000本を含んでいるという。

こちらの「磨き その先へ」が

30000円オーバーのお酒。

獺祭 島耕作はお得で間違いない

一本720ml、1200円。

そのうちの200円が義援金となる。

おいしいお酒がこの値段

かつ

復興支援。

素敵すぎです。

8月10日より発売です!
探してみましたが、見当たりません。。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分 720ml


獺祭(だっさい) 純米大吟醸 島耕作 720ml 12本 1ケース 山口県 旭酒造 日本酒 西日本豪雨被災者支援

ありましたー。

山口県 旭酒造 獺祭【だっさい】 前掛け ※お酒ではありません、エプロンです

粋なエプロンもありました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!