ドキュメンタリー映画「熱狂宣言」松村厚久さんの魅力とは

ドキュメンタリー映画「熱狂宣言」が

11月4日に公開されます。

 

本が既に発売されています。

 

2015年8月7日に単行本、2016年9月14日に文庫本発売です。

そんな松村厚久さんを題材に

ドキュメンタリー映画が公開されます。

とても人を魅了する経営者なのだそうです。

ご覧ください。

スポンサードリンク

 

松村厚久という経営者の

 

ドキュメンタリー映画「熱狂宣言」が

11月4日(日)より

TOHOシネマズ六本木ヒルズにてロードショーが決定

 

東証一部上場企業の

DDホールディングス代表取締役社長。

従業員 約1万人、約500店舗 を経営、年商 約500億円。

止まったら死ぬぞ!のキャッチコピーに魅せられて

がむしゃらに進む

という事ですかね。

そういえば、こんなに少年な人は見たことないと

ないと誰かが言ってました。

松村厚久さんの魅力とは

「外食界のスター」

「革命児」

「天才」

「ビックマウス」

「不思議ちゃん」

・・・ 数々の異名を持つ男。

自らを“幸運な人間”だと断言する彼は、

13年前から 難病・若年性パーキンソン病を患っていた――。

 

とにかく成功をしている松村厚久さんのサクセスストーリー

なのでしょうか。

それとも

難病を抱えながらも前へ進み続ける松村厚久さんの感動話

なのでしょうか。

ドキュメンタリー映画であること、

カメラを向けているのが

最初は監督自身だったのを

松村さんに近しい会社の人に撮ってもらうように

変えたことで

完成したそうです。

どれだけの魅力が松村厚久さんに

あるのでしょうか。

映画公開に

備えたいと思います。

 

以下本より抜粋

松村氏は仲間に恵まれている。ネクシィーズの近藤太香巳氏には「いつも元気をもらっている」と語り、「牛角」を創業した西山知義氏(現・ダイニングイノベーション)には、“熱狂宣言”のアイデアをもらっている。

いつも励まされているというゼットンの稲本健一氏には、新業態「1967」のクリエイティブ・ディレクターを務めてもらった。松村氏が「よねちゃん」と呼ぶエー・ピーカンパニーの米山久氏は、別荘を隣同士で購入するなど公私を通じて仲が良い。そして、テレビ番組「マネーの虎」で一世を風靡した安田久氏を「かけがえのない兄貴分」と慕っている。

近藤氏以外の4人は同じ飲食業界だが、「業界を盛り上げよう!」と意気投合し団結しているのだ。発病後、病気を受け入れ、より真摯に事業に挑むようになった松村氏の魅力が増し、交友関係はさらに深まっている。

熱狂宣言より

監督の奥村和由さん、吉本興業だったんですね。

知らなかったです。


熱狂宣言


松村 T-shirts ホワイト L【松村邦洋】【松村厚久】

全国の松村さん必見!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!