女性ホルモンと抜け毛の関係。男性ホルモンは女性にもある?

抜け毛にホルモンは関係あるのでしょうか。

影響はどれくらい?

女性ホルモンは減るの?

を調べました。

スポンサードリンク

「女性ホルモン」とは

体内で分泌され、

肌・身体・心・脳に様々な影響を与えます。

女性ホルモンは

「エストロゲン」「プロゲステロン」の

2種類あります。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
    女性らしい体づくりをサポートするホルモン。
    肌・髪の新陳代謝を促して、
    ハリ・ツヤを生み出します。
    また、気分を安定させる役割や、
    妊娠した時に備えて毎月の排卵を行う役割も担っています。
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
    子宮内膜を厚くしたり、体温を上げたり
    妊娠の継続をサポートし
    女性の体を守るホルモン。
    栄養・水分を蓄え代謝を遅らせたり、
    皮脂の分泌を活発にしたりもします。
    また、生理前に感じる
    「体の重さ」「肌荒れ」「憂鬱」「イライラ」
    などといった体調変化に影響しています。

決まった周期で2つの女性ホルモンが増えたり減ったり

バランスをとりながら身体を育て守ってくれているのです。

エストロゲン

女性の薄毛に深く関わることが分かっています。

エストロゲンの働き

  • 髪の毛の成長を促す
  • 髪の毛の成長期間をキープする
  • 髪の毛を豊かに保つ
  • 血流改善
  • 免疫力の強化

女性ホルモンがバランスよく分泌されると、

髪は健康になります。

エストロゲンの働きで、

髪が生える~抜ける周期・ヘアサイクルが整うからです。

すると毛の成長期が十分に長くなり

一本一本がしっかり育ちます。

 

逆にエストロゲンが減って

バランスが乱れると

髪にうねりやパサつきが目立つことから始まり、

1本1本が弱々しく細くなって

ボリュームの低下をきたし、

薄毛(抜け毛)という症状につながりやすくなってしまいます。

女性ホルモンが減ってしまう理由

ストレス・無理なダイエットなど、

ホルモンバランスを乱す引き金は色々ありますが

特に多くの方を悩ませるのが加齢です。

 

エストロゲンの分泌量は20代後半がピークと言われ、

理想的なバランスを保つ時期は

30代前半まで続きますが、

その後は減少傾向と言われています。

 

これが原因で、髪の毛が満足に育たず

薄毛や抜け毛など髪の悩みを抱える女性が

だんだんと増えていきます。

こうしたエストロゲンの減少が引き起こす

代表的な症状が、更年期障害です。

 

更年期(45~55歳)前後の女性は、

たくさんの不快な症状と共に薄毛(抜け毛)に

悩む方がとても多いとされます。

 

この点からも女性ホルモンバランスが

髪の状態に多大なる影響を与えることがよく分かります

女性にも男性ホルモンがある

男性ホルモンであるテストステロンが

女性の体内にも存在します。

 

「え!女子なのに」

 

そして男女に関らず、

恋愛パートナーがいない人は

テストステロン分泌多め

なのだそうです。

いわゆる「肉食系」ってやつです。

頭皮とテストステロン

頭皮でもテストステロンの分泌がある部分があります。

それは頭頂部です。

側頭部、後頭部は

女性ホルモンが多いのだそうです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!