女性は男性育毛剤を使っても大丈夫なの?何が違うかを調査!

男性育毛剤と女性育毛剤の違い

分けられている理由はなぜなのだろう

と思ったので調べてみました。

スポンサードリンク

男性用育毛剤に入っている成分

ホルモンに働きかける成分が入っています。

  • ミノキシジル

血管拡張薬として開発されたもの

(元々は毛生え薬ではない)

血行を促すことで毛根に届く栄養を増やし、毛の生成を促す。

ミノキシジル効果は頭頂部に

頭頂部にいくほど、毛細血管が集まっていて

その分ミノキシジルの血管拡張効果が最も反映されやすい。

ミノキシジル使用で現れる症状

ミノキシジルでよく言われる初期脱毛という症状。

薬が効き始めると一時的に起こる脱毛のこと。

ミノキシジル副作用

最も多いのは皮膚の熱化。

その他、頭皮が赤くなる・かぶれる・かゆみ

・かぶれ・フケの発生が症例として上がっている。

 

  • フィナステリド

前立腺がんや、前立腺肥大を防止するために開発されたもの

薄毛の進行を抑える成分

(脱毛を抑える=毛を生やす成分ではない)

フィナステリド効果も頭頂部に

ミノキシジル同様。

フィナステリドが効果を発揮するのは

Ⅱ型。

還元酵素の種類

Ⅰ型の還元酵素:側頭部や後頭部

Ⅱ型の還元酵素:前頭部や頭頂部

人によっては効果が出ないケースがある。

その対策として、Ⅰ型とⅡ型のどちらにも働く

「デュタステリド」という成分が、2015年に登場。

ミノキシジルのような初期脱毛の心配なし!

フィナステリドは発毛に作用しないため、

初期脱毛の心配はありません。

効果が現れるのにかかる時間

平均6ヵ月  

フィナステリドの副作用

性欲減退・勃起機能障害(ED)・肝機能障害など

妊娠している人・子供を作る予定のある人は✖

ホルモンに作用するため、

特に男児の場合は生殖器奇形などのおそれがある。

成分は皮膚からも吸収されてしまうため、

女性は触れることも禁止。

 

  • デュタステリド

「ザガーロ」には育毛効果があると認められており、

デュタステリドはフィナステリドよりも

育毛効果が強いことが証明されています。

1年間服用した人の85%の人が

改善しているというデータもあり、

とても高い確率で改善することがわかる。

デュタステリドの副作用

乳房障害・勃起不全・精神障害・性欲減退・鼻咽頭炎

その他

耐性が発生する可能性があること

ポストフィナステリド症候群のリスク

(フィナステリドの服用を止めたのにもかかわらず、

精神障害や性欲減退などの症状が継続したり、

服用を止めて症状が治まったあとに、

再発してしまう等の症状)

※妊娠している人・子供を作る予定がある人は✖

胎児のジヒドロテストステロンの生成が阻害され、

胎児の時期に作られる性器が

奇形の状態で生まれてきたり、

Ⅰ型とⅡ型の還元酵素

(5α-リダクターゼ)を作れない子供が

生まれる可能性がある。

触れることも禁止。皮膚からの吸収がある。

※子供も触れてはいけません。

デュタステリドは男性にしかない臓器(前立腺)の

治療を目的に開発されているため、

使用には様々な制約がある。

女性用育毛剤の特徴

    • 潤い成分や美肌・美髪成分を豊富に配合
    • 女性ホルモンの働きを意識した成分を配合する商品が増えてきている
    • 頭皮に負担をかける化学成分無添加の商品が増えてきている

おすすめ女性育毛剤

花蘭咲 RiJUN -リジュン- CA101スカルプエッセンス

まとめ

男性用の育毛剤を主に調べました。

女性は積極的に使わない方がいいのではないか

と思いました。

触れるだけでも皮膚から浸透するのは、こわいですね。

女性用とされている育毛剤にも血行促進を

別のアプローチでしているものや

女性ホルモンを配合してあるものもあります。

女性は女性用を使う方がいいかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!