JAILHOUSE COFFEEが日本上陸!どこで買える?名前の由来は

JAILHOUSE COFFEE

が日本上陸です。

アメリカで1000店舗以上展開しているそうですが

海外進出は日本が初

2019年にEUへ進出とのこと。

購入方法や名前の由来などを

調査です。

スポンサードリンク

某外国コーヒーチェーン店の渋谷店が

世界で第一位の売り上げ

ということで

日本人って

コーヒー好きな方、多いですよね。

今回は

JAILHOUSE COFFEE

です。

JAILHOUSE COFFEEとは

オーガニックコーヒーの

ナチュラルでシンプルなイメージを

破壊するべく

米国で旋風を巻き起こしている。

「普通」じゃ物足りない

米国の個性派ユーザーの間で評判になり、

多くの人に愛される存在になっている

コーヒーブランドです。

株式会社 ピー・エス・インターナショナル公式サイトより

 

スゴイこだわりのあるコーヒーのようです。

こだわりとは

厳選された有機栽培のコーヒー豆は、

全て手摘みで収穫されたもの。

また、フレッシュな状態をお届けするために、

ニューヨークのクィーンズで少量ずつ焙煎し、

温かいうちに袋詰めしています。

全製品、

USDA ORGANIC・有機JAS認証取得しており、

さらにシングルオリジンの

「ブラジリアン ブレイクアウト オーガニック」 は、

コーヒーでは珍しいDEMETER認証を取得。

安心・安全な上に、

味わい深く、

コーヒー通にも納得いただける

オーガニックコーヒーとなっている。

ノンカフェインの

「ノットギルティー デカフェネイテッド オーガニック」 は、

ケミカルフリーの

スイスウォータープロセス法で

カフェインを除去。

コーヒー本来の香りや風味があり、

妊娠中やカフェインを控えている方でも

安心してコーヒーを楽しめる。

公式サイトより

有機JAS認証って聞いたことありますし、

よく目にするんですが、

DEMETER認証ってなんですかね。

DEMETER認証とは

  • 植物原料 ・バイオダイナミック有機栽培農法で

栽培された農産物を用いる事。

植物原料の50%以上はオーガニックである事。

  • 天然原料 ・95%以上は天然原料である事。

香料は全て天然である事。

 

厳しい審査を通った本当に安全で安心な

商品なのですね。

どこで飲める?

調べましたが、日本では

カフェはないようです。

アメリカでは、店舗も存在していて、

カフェにもなっているのかな

という感じです。

こちらは、スーパーとかの一角っぽいですね。

グッズもあるようですよね。

ネットはというと

Amazonでもまだ販売していないようです。

円売りはまだで、ドル売りはされていました。

 

こちらのサイトより購入可能です↓

http://favostyle.com/

先着100名様、

ブラジリアンブレンドオーガニック100g付き

だそうですよー。

何故JAILHOUSEという名前なのか

これが気になって仕方なかったです。

JAILHOUSEは、刑務所って意味です。

きっと、賛否両論な名前ですよね。。

ジェイルハウスコーヒーは、

ニューヨークのクイーンズで

小規模なバッチで焙煎されたクラフトです。

 伝説には、18世紀の刑務所の敷地内に

建てられた修道院があります。

 これを確認する記録はありませんが、

それは私たちの物語であり、

我々はそれに固執しています。

 実際には、ロスタイエのすぐ近くに「大きな家」があります。

ちょっと意味が分からなかったのですが、

調べると、

18世紀に刑務所があった場所から

商いを始めたという事のようです。

美味しいコーヒー、安心安全なコーヒー

JAILHOUSE COFFEE。

注目ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!