忘年会や新年会は今話題の「クラフトビール」を名古屋で堪能!

人気のクラフトビールを飲みに行きませんか。

名古屋でオシャレなクラフトビール屋さん。

「獣になれない私たち」の気分になれちゃう?

5tapみたいなお店が近くにあったらいいなー

ですよね。

こちら5tapは実在しないようで、

民家なのだそうです。

ですよねー寂しい。

わざわざ東京まで行かなくたって

名古屋であるじゃない!

というわけでご紹介します。

スポンサードリンク

今回は前置きが長くなってしまいましたが。

名古屋のクラフトビールと言えば

こちら。

ワイマーケットブルーイングキッチン

2018年現在で創業5年目。

1階にクラフトビール醸造所、

2階はレストラン。

美味しいビールと料理が堪能できます。

クラフトビールご紹介

右から

ムーンナイトイエロースカイ

エール(上面発酵ビール)

切れのある味わいと黒麦芽の香ばしさ。

柚子と山椒も入った味。

山椒は最近人気の調味料ですね。

赤面ドクロ

エール(上面発酵ビール)

ちょっと濃いベリーな色合いのビール。

濃厚な甘みでお肉料理に合う。

4種類のホップでコクがある味。

カシスオレンジウィズB

エール(上面発酵ビール)

おつまみや前菜に合うビール。

カシスと柑橘系の柔らかな酸味で飲みやすい。

ビーツで鮮やかなピンク色になっています。

ワイマーケットセッションIPL

ラガー(下面発酵ビール)

揚げ物に合うビール。

一杯目に合うのはやっぱりコレ。

3種類のホップが合わさった傑作です。

ところでクラフトビールって?

アメリカの定義では

  • 小規模であること
  • 独立していること
  • 伝統的な原料や製法で造っていること

なのだそうです。

大手ビール会社が量産するのに対して

規模の小さい醸造所がつくるビールで、

小さいがゆえに醸造法を調節出来ます。

より色・味・香りが色々楽しめるとのこと。

最近は大手でも「クラフトビール」に

参入してきています。

そのビールを飲んだ時に作り手の気持ちが

伝わってくるのが「クラフトビール」

なのかもしれませんね。

エールとラガーの違い

ビールの酵母が違うそうです。

エールは「上面発酵ビール」と言われます。

上面発酵

古くからのビールの造り方。酵母が麦汁の表面に浮き上がっていくのでそう呼ばれる。常温〜やや高温で発酵し、発酵期間は3〜4日。(その後の熟成期間は約2週間)

ラガーは「下面発酵ビール」と言われます。

下面発酵

中世以降始まった造り方。酵母がタンクの底に沈んでいくのでそう呼ばれる。5度前後の低温で発酵し、発酵期間は7〜10日。(熟成期間は約1ヶ月)

この他に「自然発酵」なるものもありますので、

飲み比べてみるといいですね。

自然発酵のビールはなかなかなくて、

日本では岩手県の「いわて蔵ビール」のみです。

ワイマーケットブルーイングキッチンのご飯

ご飯も豊富です。

是非、お気に入りの料理とビールを

見つけに行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!