「神童セフィリアの下剋上プログラム」あらすじは?第1話のネタバレや感想!

 

「神童セフィリアの下剋上プログラム」っていう漫画の

第一巻が発売になりました^^

今回はこの作品について書いていきたいと思います!!

スポンサードリンク

神童セフィリアの下剋上プログラム

なんでこの漫画を取り上げたかというと・・・

読んで面白かったからです^^

ただそれだけです。

タイトルと画の感じで

読む前は

私の好きな感じじゃないかもなーって思っていました。

勝手に決めつけていましたが。

面白いんです^^

あらすじ

辺境の村娘セフィリア(6ヶ月)は、

前世で過労死したOLプログラマー。

今世では絶対に同じ轍は踏まず、

楽してお金を稼ぎたい……!!

そんな強固な信念を胸に、

前世の知識(プログラマー)を活かした魔法を

編み出すことに成功!

絶対に働きたくない乳児の

ドキドキ異世界ライフ、開幕♪

神童セフィリアの下剋上プログラム

こちらから読めます↑

感想

発想が面白いなと思いました^^

異国設定でありながら、中身日本人っていうのが

なんかイイです。

親近感なんですかね^^

ネタバレ

日本で過労死をしたプログラマーが

中世の世界に記憶を持ち越したまま

生まれ変わる設定です。

この世界は平和なように見えますが

戦争中です。

なので、父親は戦争で不在となっています。

家族はセフィ6ヶ月、兄(ログナ)5才、母(マーシア)。

前世の記憶が残っていますので、6ヶ月の赤ん坊ですが

喋るし、立てます。

名探偵コ〇ンみたいですね。

立てると言っても体のバランスが悪いので、基本ハイハイです。

冒頭から、馬車が宙を走っていきます。

村には「魔術師様」という人物がいるようです。

魔術師様についての子供を交えた

世間話があり、

セフィの家に「魔法の本」があると

兄・ログナが言います。

ふいにセフィは「ま・ほ・う」

と初めて言葉を発します(笑)

前世は過労死でしたので

今世では楽して贅沢な生活をしたい!!と決めています。

なので、6か月から本を読み、知識をつけていこうとしています。

ここまでがおおよそ第1話のお話です^^

それ以降のお話

読みだした本は「魔導書」でした。

字は読めません。

日本語ではないので。

周りに読める人、書ける人もいません。

眺めている日が続きます。

ある日、セフィを訪ねて騎士がやってきて

騎士は単語で文字が読めるのでセフィは少しずつ理解していきます。

そして文字はプログラミング言語に似ていると気づきます。

解読していくと・・・

魔法が使えるようになっていきました^^

風をおこしたり、水を出したり。

そんなある日、村が賊に襲われます。

家の中に入ってきて、セフィの母親は背中を刺されてしまいます。

ピンチです!!

セフィは覚えた魔法で賊を退治します。

家の外はまだたくさんの賊がいるとのこと!!

セフィは兄と共に家の外へ飛び出していくのでした!!!!

今、EPISODE5まで

(2019年1月29日現在、次回話は2月5日です)

配信されています。

まとめ

今回は「神童セフィリアの下剋上プログラムについて

書いてみました。

私の文章で面白さ、伝わったでしょうか??

ダマされたと思って

一度読んでみてもいいかと思います!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!