【QUEEN】ファルーク・バルサラからフレディ/Freddieに変えた理由は?諱と関係?

こんにちは^^

カッコイイ画像を見つけてしまいました!!

フレディさんは10代からフレディさんだったそうで。

ちょっと調べてみましたので、

ご覧ください☆

スポンサードリンク

フレディさんがファルーク・バルサラではない理由は?

フレディさんは寄宿学校で生活をしていました。

セント・ピーターズ・スクール St. Peter’s School

ですよね。

ここにいるときにファルーク・バルサラ少年は

自分をFreddie(フレディ)と名付けました。

しかも、FreddyやFredyではなくて、Freddie。

スペルにもこだわりが見られます^^

ご家族も普段から「Freddie」と呼んでいたようですね。

諱・忌み名の存在

ちなみに名前には「諱(いみな)」というものが存在します。

諱は忌み名とも読まれるそうで、

「家族以外に本名を知らせない、みだりに使わない」ものなのだそうです。

この部分(諱は氏名の名の部分)を気軽に呼ぶことは失礼なのだとか。

本名はその人物の霊的な人格と強く結びついていて、

口にするとその霊的人格を支配できると考えられていたので、

敵対しているものには積極的に使い、敬っているものには慎んでいたそう。

中国では皇帝と同じ漢字さえ使う事を禁止

(霊的人格の侵害の為)されていたこともあるそうです。

ネイティブアメリカンも同様に本名を曝け出すことは慎んだそうです。

詳しくはこちら

フレディさんにもそういう気持ちがあって

ファルーク・バルサラを語らなかったのかどうかは謎です。

ちなみに

Farrokh(ファロック/ファルーク)はペルシャ語で、

「幸運と幸福」という意味なのだそうです^^

まとめ

今回はフレディさんの名前について調べてみました^^

霊的なものの侵害になるという発想が中国やアメリカ、

日本にもあったようなので

もしかしたら、フレディさんもどこかで知ってそうしたのかもしれませんね。

もっとも、パキと言われることを嫌ったという理由からだけかもしれませんが。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます!!!!!!

フレディさん、見つけられましたか?

右端で小首を傾げているのが、フレディさんです♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 ご覧くださり、ありがとうございます。 機械音痴の「やまだ」です。 パソコンもよく分からないのですが、自分を変えたくて色々探していたら、縁があり、この世界に来ました。 皆さんのお役に立てるブログを作っていきたいです! 宜しくお願い致します!